おすすめ記事 狙い目は「介護士」
東北地方の中心地『宮城県』で暮らそう!

転職するなら介護士がおすすめ

狙い目は「介護士」

介護士が挑戦しやすい

宮城県で未経験の業界に転職するのであれば、介護業界がおすすめです。求人数が多く、未経験者を歓迎しています。事実、約3割の人が未経験から挑戦しており、働き始めてから段階的に成長していける業界です。入職時に知識やスキルがなくても、働きながら学んでいけます。身体介護業務はある程度の知識や経験が必要ですが、それ以外にもレクリエーションの補助や生活援助などの業務があるので未経験でも問題ありません。
介護士の主な仕事内容は介護サービスや施設の利用者の生活をサポートすることです。働きながら勉強を積めば、将来的には国家資格を取得することもできます。未経験からでも着実にキャリアアップしていける、魅力的な業界です。

年齢を重ねていても大丈夫

介護業界は慢性的に人手不足なので、ある程度年齢を重ねていても転職できます。年齢が理由で採用に不利になることはありません。数年前に行われた介護労働実態調査では、介護業界で働く人の平均年齢は47.5歳でした。最も多い年代は45~50歳で14%、次に多いのが40~45歳で13.5%です。若い人だけでなく、年代が上の人も多く働いている業界であることが分かります。年齢が高いことを不利に思うのではなく、むしろ人生経験や仕事への意欲をアピールしていきましょう。

未経験者でも活躍できる土台がある

介護士は力仕事が多いイメージがあるかと思います。確かに、身体介護などの業務には体力が必要ですが、身体的負担を軽減させるボディメカニクスを活用すれば最低限の負担で済みます。体力に自信がない人でも問題なく働けるコツがあるので、そこまで心配する必要はありません。
また、利用者と直接コミュニケーションを取ることになるため、コミュニケーションに自信がない人は不安を感じるかと思います。しかし、仕事をしていく中で慣れてくる部分なので問題ありません。笑顔で相手の話を聞くことを意識していれば、問題なくコミュニケーションを取れます。もちろん、コミュニケーションを取ることが得意な人は向いているのでぜひ挑戦してください。
介護士は未経験から始める人が多いので、初めて介護業界に挑戦する人に対するフォロー体制も充実しています。先輩職員も自分が初めての挑戦で不安だった経験があるので、優しく教えてくれるでしょう。専門知識が求められることもありますが、仕事をしながら覚えていけます。また、多くの職場では仕事内容や専門知識を学ぶための研修を開催しており、資格取得支援制度を設けている職場であれば、着実にステップアップしていくことができます。

こちらのサイトで介護士の具体的な仕事内容や勤務形態など、未経験者の参考になる情報が紹介されているので参考にしてください。

【介護職は未経験でもできる?仕事内容や施設や職場選びのポイントなど解説】

宮城県への移住を考えている人へ

転職は移住生活を支える基盤

求人の探し方はいくつかあるので、自分に合った方法を選んでください。例えば、第三者からアドバイスを受けながら転職活動を進めたいのであれば、無料で転職をサポートしてくれる転職エージェントを利用しましょう。