おすすめ記事 求人の探し方
東北地方の中心地『宮城県』で暮らそう!

宮城県の求人を探す

求人の探し方

自治体のサイト

宮城県の求人をどのように探せばいいか、具体的な方法を紹介します。まず、移住先の候補地である自治体のサイトを確認してみましょう。独自に求人を紹介しているページがあり、大手求人サイトなどには掲載していない求人も多いです。民間企業が運営する求人サイトは掲載費用がかかるため、採用に緊急性がある企業の求人が多い傾向にあります。自治体のサイトなら、それ以外のレアな求人を探すことができます。

宮城県が設置、運営する「みやぎ移住ガイド」は、本格的に移住を考えている方はもちろん、移住を検討している方を地域とつなぐ場を作りたいという思いから誕生しました。

(引用元:みやぎ移住ガイド)

こちらが宮城県の求人を掲載している「みやぎ移住ガイド」です。求人紹介だけでなく、移住に関するコンテンツも豊富です。

詳しくはコチラ

転職エージェント

転職エージェントを利用するのもおすすめです。地域に特化したキャリアアドバイザーが転職に関する相談に乗ってくれます。転職者と企業の間に立ち、様々な転職サポートを提供してくれるので、スムーズに転職先を決めることができるでしょう。地元企業との強いパイプがあるため、一般には公開していない非公開求人も豊富です。転職エージェントは転職者の採用が決まった際に、求人を出している企業から報酬を得る形で運営されているため、転職者は無料で利用できます。

大手転職サイトに掲載されていない、”地元”の優良求人が数多く揃っています。弊社のみが取り扱う独占案件も多く、あなたのキャリアを活かせる好条件の求人をご案内します。

(引用元:ヒューレックス)

こちらは宮城県の求人に特化した転職エージェント、「ヒューレックス」です。Uターン・Iターン求人も豊富なのでぜひ活用してください。

詳しくはコチラ

また、転職したい業界が決まっているのであれば、その業界に特化した転職エージェントに登録することをおすすめします。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーから適切なアドバイスをもらいながら転職活動を進められます。以下に、介護業界に転職する人におすすめの転職エージェントを紹介します。

介護経験が無い方でも、医療・介護業界で培ったネットワークから希望に合った求人をご紹介できます。

(引用元:きらケア)

こちらは介護業界に特化した転職エージェント、「きらケア」です。全国に対応しており、宮城県の介護士求人も豊富に扱っています。

詳しくはコチラ

求人サイト

マイペースに転職活動を進めたい人は、求人サイトを利用するのもいいでしょう。全国に対応している求人サイトであれば、宮城県の求人もすぐに探せます。移住したい地域や希望する職種などを選択し、条件に合う求人を検索しましょう。

医療・介護業界のお仕事経験がない方、ブランクがある方も、
「かる・ける」でピッタリのお仕事が見つかります。
ご利用料金は一切かかりません。入職まで全て無料でお使いいただけます。

(引用元:医療介護求人サイトかる・ける)

こちらは需要が高い医療・介護業界の求人を専門に扱っている「医療介護求人サイトかる・ける」の宮城県の求人紹介ページです。

詳しくはコチラ

転職フェア

サイト上の情報だけでは決めらないという人は、転職フェアに参加しましょう。各自治体で、移住者を呼び込むための転職フェアを定期的に開催しています。直接地元企業の担当者と話すことができるので、転職するにあたって不安に感じることがあれば遠慮なく質問してください。また、転職フェアにいくことで企業側に印象を残すことができます。相手にとっても顔が見える安心感があり、その場で好印象を持ってもらえればその後の選考がスムーズに進みます。

今後、開催される予定の転職フェア・合同企業説明会(宮城 仙台など東北地方・転職者対象)を、日程の近い順で紹介します。

(引用元:転職フェア・合同企業説明会2022)

こちらのサイトで転職フェアの開催状況を確認できます。日程を確認し、都合がつくようであればぜひ参加してください。

詳しくはコチラ

まとめ

以上が、宮城県の求人を探す方法です。それぞれ特徴が異なるため、自分に合った方法を選んでください。また、宮城県に移住してどのような生活を送りたいかを明確にしておきましょう。それによって、求人を探す方法や譲れない条件が変わってくるはずです。1つの方法にこだわるのではなく、いくつかの方法を併用するのもおすすめです。

宮城県への移住を考えている人へ

転職は移住生活を支える基盤

求人の探し方はいくつかあるので、自分に合った方法を選んでください。例えば、第三者からアドバイスを受けながら転職活動を進めたいのであれば、無料で転職をサポートしてくれる転職エージェントを利用しましょう。